Web制作で月5万稼ぐロードマップ

動画でお話したことをテキストにまとめてみました。
リンクなど参考にしてください。

実績

  • 2013年5月からブログをスタート
  • 2015年12月に開業
  • 2017年12月に独立
  • 2020年5月に収入が激減
  • 2020年10月にWeb制作独学開始!
  • 2021年1月に初案件獲得…1万円のHP修正案件
  • 2021年2月の受注額127,641円…売上5万円達成
  • 2021年3月の受注額174,261円…粗利10万円達成

大前提として

Web制作で月5万稼ぐ≒サラリーマンで月5万稼ぐ

お金を稼ぐ=同等以上の価値を提供する

とはいえ……2021年3月の時間単価…2,500円

Web制作で稼ぐロードマップ

お金をもらえるだけのスキルを身につける

・ProgateのHTML&CSSコース
参考Progate

・デザインカンプからのコーディング
参考クリ★スタ
最初は写経・模写でもOK

・WordPressの勉強
参考WordPress開発マスター講座

ただし…正直に言うと僕はここやってません!
WordPressの開設・最低限の操作ができれば案件とれます

ただし!詳しい仕組みを理解しておいたほうが絶対いいです

スキルを形にする

テンプレートで実際にサイトを作ってみる

・Snow Monkey
参考じゃんきーブログ
参考WEBLOG.

・SWELL
参考SWELL

・Lightning
参考Lightning

営業する

クラウドワークス

参考クラウドワークス

メリット

  • 初心者でも比較的案件をとりやすい
  • 未入金のリスクが少ない
  • 継続して依頼してもらえる場合も

デメリット

  • 手数料をとられる
  • ライバルが多い
  • 単価の低い案件が多い

戦略

  • まずは低単価で初案件を獲得
  • 少し単価を上げて案件を獲得
  • 実績を元にさらに単価を上げて案件を獲得

参考としブログ

ランサーズ

メリデメ・戦略はクラウドワークスと同じ
参考ランサーズ

ココナラ

参考ココナラ

メリット

  • 営業の必要がない
  • 比較的ライバルが少ない

デメリット

  • 手数料が高い
  • 価格競争に陥りがち
  • 継続案件に繋がりにくい

戦略

  • 最初は最低金額で出品
  • フルコミットして星5を獲得
  • 徐々に単価を上げていく

参考やまブログ

最初は知人からもあり

メリット

  • プレッシャーが少ない
  • 融通がききやすい

デメリット

  • なあなあになってしまう危険性も

制作・納品

受注=ゴールではない!

  1. ヒアリング
  2. サイトマップの作成
  3. ワイヤーフレームの作成
  4. デザインカンプの作成
  5. コーディング
  6. 修正
  7. 最終チェック
  8. 納品
  9. アフターフォロー

参考Webデザイナー戦略室
参考きたらいふ

月5万以上稼ぎ続けるために

お金を稼ぐ=価値提供

クライアントが本当に欲しいものは何かを考える

常に学び続ける姿勢を

厳しい意見にも耳を傾けてほしい

とてもやりがいのある素晴らしい仕事です!

\質問・感想はTwitterまで/

しょーたのTwitter

© 2021 フリーライフ Powered by AFFINGER5