パソコンの知識

Gmailアドレス・アカウントを複数作成する方法を画像付きで解説

gmail 複数 作成
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。
2017年に脱サラし、今はブログで生活しています。

無料のメールアドレスとしてGmailが便利でおすすめですが、1つのアドレスだけだといろいろなメールが届いて整理するのが大変ですよね。

用途ごとにアドレスを分けておくと便利なので、この記事ではGmailアカウントを複数作成する方法をご紹介します。

とても簡単なので是非参考にしてください。

Gmailアドレスを複数作成する手順

Gmail アカウントを追加

まずはGmailにログインして右上のアイコンをクリック。

そこに出てくる「アカウントを追加」をクリックします。

別のアカウントを使用

アカウントの選択画面にいくので、「別のアカウントを使用」をクリック。

岡田
岡田
僕はすでに複数アカウントあるのでこんな感じになっています。
Gmailアカウントの作成

ログイン画面にいくので、「アカウントを作成」をクリック。

自分用 ビジネスの管理用
  • 自分用
  • ビジネスの管理用

を選択する必要がありますが、どちらを選んでもOKです。

Googleアカウントの作成

Googleアカウントを作成していきます。

姓・名を入力するところがありますが、ここは本名じゃなくてもOKです。
(ブログのハンドルネームとかでも大丈夫です。)

ユーザー名がメールアドレスになるので、ここはお好きな文字列を入力してください。
(他の人と被っていると登録できないので、その場合は数字などを足すといいですね。)

パスワードを入力したら、「次へ」をクリックしてください。

ここで入力したユーザー名・パスワードはログインする時に必要になるので、忘れないよう必ずどこかにメモしておきましょう。

Gmail 個人情報

次に電話番号・再設定用のメールアドレス・生年月日・性別を入力し、「次へ」をクリック。

電話番号の確認
矢印
Gmail SMS

「配信」をクリックすると、電話番号の確認のためSMSが送られてきます。

Gmail 確認コード

そこに記載されている確認コードを入力して「確認」をクリック。

Gmail 電話番号の活用

電話番号をアカウントに追加するように促されますが、ここはスキップしてもいいと思います。

Gmail プライバシーポリシー

プライバシーポリシーと利用規約に目を通し、「同意する」をクリック。

Gmail ようこそ

これで新しいGmailアカウントを使うことが出来るようになります。

Gmailアカウントの切り替え方法

Gmailアカウント 切り替え

Gmailアカウントはログインした時に右上に表示されるアイコンをクリックすると簡単に切り替えることが出来ます。

岡田
岡田
プライベート用・仕事用といった感じで、用途に応じて使い分けると便利ですね。

Gmailアカウントの数に制限はある?

Googleとしては1人1アカウントを推奨しているので、あまり作り過ぎると良くないかなと思います。

古い情報になりますが、「同じIPから100個アドレスを作ると消される」という書き込みがあったので、一応そこが限界値かなと思います。

とは言え、スパム的なことを企んでいない限りは1人でそんなに多くのアカウントは必要ないでしょうし、あまりいっぱいあっても管理が大変なので、10個以内にとどめておくのがいいのかなと個人的には思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。